ED治療

 

  • 当院では、各製薬メーカーの正規品以外は一切取扱っておりません。

  • 簡単な問診(5分程度)のみで処方致します。

  • 20~70代の幅広い年齢の方が利用可能です。

  • 「最近持続力がなくなった」「途中でダメになる(中折れ)」等の方にも好評です。

  • 心臓病、高血圧、肝臓病、腎臓病の薬などをお使いの方には処方ができないことがあります。

     

    ED治療薬は狭心症で処方されるニトログリセリンなどの硝酸剤とは併用しないで下さい。血圧が下がり過ぎ心停止の恐れがあります。他には安静時の血圧が170以上の高血圧の方、上が90未満の低血圧の方、心筋梗塞、脳梗塞・脳出血の既往のある方、網膜色素変性症の方にも処方できません。

 

国内でED治療薬として「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」の3種が処方されております。ED治療薬の効果には個人差がありますし、効き方の好みもあります。共通点は「1回1錠」「服用の間隔は24時間」「1時間前に服用」です。

簡単に特徴をまとめると知名度、長く使われているという安心感でバイアグラ、早く・強く効くという点でレビトラ、作用時間が長いので服用タイミングの自由度があるという点でシアリスといった使い分けになります。

 

 バイグラ    (シルデナフィル)

世界初のED治療薬として1998年に米国で発売、翌年には日本でも発売されました。レビトラやシアリスが発売されるまでは唯一の治療薬であったため、世界的にも知名度の高い薬です。服用後1時間ほどで効果が現れ、3-4時間持続します。レビトラやシアリスに比べると食事の影響を受けやすいという弱点があります。服用は空腹時に、また服用後も効果が現れるまでは食事を控えた方がよいようです。

 

 レビトラ

2003年に米国で発売開始、日本では2004年に発売開始となりました。バイアグラの「食事の影響を受けやすい」という弱点を改善した薬であり、油の多い食事でなければ大丈夫です。バイアグラよりもやや早く効果が現れる傾向があり、効き目もより強いといわれています。

 

 シアリス

米国ではレビトラと同じく2003年に発売されましたが、日本での発売は2007年です。シアリスの大きな特徴として「食事の影響を受けない」「作用時間が長い」ことがあげられます。シアリスは食事の影響をほとんど受けませんので、食膳、食後、いつでも食事に関係なく服用することができます。また、作用時間が36時間と長いのも特徴です。「そんなに長く効かなくても・・・」というご意見をいただきますが、これは「服用するタイミングを考えなくてもいい」ということです。バイアグラやレビトラの場合、タイミングを計って服用する必要があります。(バイアグラの場合、更に食事の影響を考慮する必要があります)これに対してシアリスは持続時間が長いため、早めに服用することができます。もちろん、ED治療薬の基本的な性質である「勃起を助けるのであって、服用により興奮するわけではない、勃起したままになるわけではない」という点は他の治療薬と同じですから、日常生活に支障をきたすこともありません。

千葉駅前クリニック

月,水,土曜       9:00  - 12:00 ,14:00 - 17:00
火,金曜                    9:00 - 12:00 
木曜,日曜                     Closed